サイト統合のお知らせ

釣り用語:さ行

釣り用語:さ行

【サーフ】波の打ち寄せる海岸線の事
【竿下】竿の届く範囲の事
【竿尻】竿のグリップ末端部分
【先調子】竿に負荷をかけた時に間借りの頂点が先端付近にあるもの
【下げ潮】潮が引いてくる事
【下げっぱな】潮の引きはじめ
【ささ濁り】水がやや濁っている状態。
【サスペンド】①比重が水と同じで浮きも沈みもしないルアーやウキ・ラインなどの事
②魚が水底を離れて中層に浮いている状態の事
【叉長】魚の口から尾びれの中央部までの長さ
【サビキ】魚皮やスキン・フラッシャーなどで作られた疑似餌バリの総称
【サビく】投げ釣りで仕掛けを少しずつ手前に移動して魚を誘う事
【サミング】両軸リールなどでスプールを親指でおさえてスプールの回転をコントロールする事
【サラシ】風波のある時に磯や防波堤に打ち寄せた波が砕け、白泡となって海面に広がっている状態
【サルカン】ヨリモドシなどの接続具の総称。スイベルともいう

【地合い】流れの具合や天候の変化によって狙いの魚がポイントに集まってきた状態
【シークレット】誰にも知られていない自分だけの穴場やテクニック
【地磯】陸続きの磯を指す
【潮表】潮の流れが堤防や消波ブロックなどにぶつかっているところ
【潮変わり】上げ潮から下げ潮に変わったり、潮の流れの向きや強さが変化する事
【潮だるみ】流れていた潮が止まってしまう状態
【潮通し】潮の流れの具合の事
【潮止まり】満潮時、または干潮時の前後で潮の動きが止まってしまう事
【潮見表】潮まわりや毎日の干満を記載した小冊子
【自家採取】自分でエサを採取する事
【ジグヘッド】ソフトルアーをセットするためのフック付きのオモリ
【時化】天候悪化などによって海が荒れる事
【自動ハリス止め】ハリスを挟むだけで固定できる様にしたV字型の金属環
【シモリウキ】シモリ仕掛けに使う中通しの小粒のウキ
【シモリ仕掛け】ミチイトに数個のシモリウキを連結した仕掛け
【就餌】魚がエサを食べる事
【出世魚】成長段階に応じて呼び名が変わる魚の事
【消波ブロック】防波堤の外海側・単独で設置される波を緩衝するための大型コンクリートブロック
【ショックリーダー】ルアーフィッシングでメインラインに結ぶ先イトの事
【シンカー】オモリの事


【ズームロッド】竿の手元を伸縮させる事で長さを変えて使う事のできるロッド
【スカリ】釣った魚を入れて水中に吊るして生かしておく為の網
【筋】川や海の流れの中で魚がエサを捕食するライン
【捨て石】堤防を作る時の土台として海中に沈められた基礎
【捨てオモリ】根掛かりした時に簡単に切れるような細イトで結んだオモリの事
【ストーキング】魚を驚かせない為に物音を立てずに慎重にポイントに近づく事
【スナップサルカン】サルカンにスナップの付いたもの
【スピード釣法】オイカワを効率よく釣るために編み出された釣り方
【スピナー】本体に付けたブレードが回転するルアーの事
【スプール】リールのラインを巻く部分
【スプーン】本物のスプーンの様に楕円形や防錐形をした金属製のルアー
【スプリットリング】ルアーのフックアイとフックを連結する為またはアイにセットして結ぶリング
【ズル引き】水底で仕掛けをズルズルと引いてくる事
【スレ】魚の口以外の場所にハリが掛かる事
【スレる】魚が釣り仕掛けを見破ってエサを食わなくなること
【スローテーパー】ロッドの調子のひとつでバット部分から綺麗な弧を描く胴調子の事

【瀬】河川では流れの速くなっているエリアの事 海では海底が隆起して浅くなっているエリアの事
【清流竿】オイカワ・ウグイなどを釣るのを想定作られた竿
【背バリ】アユの友釣りで囮アユの背中に打ち込むためのハナカンの上に付ける小さなハリ

【底荒れ】海が大荒れした時に底の砂や泥、海草などが水中に巻き上げられてしまう事
【底立て】ウキ下を調整してオモリ・ハリを着底させた状態でウキを水面でバランスさせる事
【底釣り】エサを水底に着けた状態で釣る事
【底取り】仕掛けやルアーの着底を確認する事
【ソコリ】潮がいっぱいに引いた状態の事
【底を切る】底立てした仕掛けのウキ下を短くすること
【袖バリ】小物釣りでは最もポピュラーに使用される釣り針
【ソフトルアー】ワームやグラブ、チューブなどの柔らかい素材でできたルアーの総称
【ソリッド】①中空になっていない竿や穂先 ②ウキのトップの事

釣りブログカテゴリの最新記事