サイト統合のお知らせ

釣り用語:ま行

釣り用語:ま行

【巻きアワセ】ロッドをあおらずに、リールを巻くことであわせる事
【撒き餌】コマセの同義語
【マコモ】湖沼の水辺に群生するイネ科の多年草の事
【まづめ】朝まづめは空が白んでから太陽が顔をだすまで、夕まづめは日が沈んでから周囲が暗くなるまでの時間
【マブ】マブナの略
【丸カン】ミチイトとハリスを連結するときに使うパーツ
【まわし振り】仕掛けを投入する時、竿を自分の頭上で1回転させて投げる方法

【身エサ】魚を丸ごと、または切り身にしてエサにする事
【ミオ筋】水底に深い溝が伸びているような地形
【幹イト】サビキ仕掛けや胴付仕掛けなどで、枝ハリスを付ける為に幹になるイト
【水潮】雨が降り続き、海水中の塩分濃度が低下した状態
【ミチイト】ノベ竿の先端からハリスを結ぶまでのライン
【ミノー】①魚がエサにする小魚の総称。②小魚に似せた細長いルアーの事
【ミャク釣り】魚のアタリをウキを付けずに竿先の変化や手元の感触でキャッチする釣り方

【ムーチング】活きた小魚を丸ごとエサにして、魚食魚を狙う釣り方
【向こうアワセ】
アワセの動作をしないでも、魚が勝手にハリ掛かりしてくれる事
【虫エサ】岩イソメや青イソメなどのイソメ類の事
【結び】仕掛け作りに必要な、ラインを結ぶことの総称

【メゴチばさみ】メゴチなどのヌルヌルした魚をつかむ道具


【モタレ】やや重みが感じられる程度の不明瞭なアタリ
【モトス】幹イトの別名

釣りブログカテゴリの最新記事