サイト統合のお知らせ

都心のど真ん中にある釣り堀を比較してみた!!

都心のど真ん中にある釣り堀を比較してみた!!

東京のど真ん中でも釣りを楽しむにはどうしたらいいの?

今回は東京都内の都心ど真ん中にある2つの釣り堀を比較してみました。

山手線の中にある2つの釣り堀ですが、どんな特徴があるのでしょうか?

  • 両方の釣り堀の特徴比較
  • 料金と営業時間はどう違うのか?

このあたりをまとめました。

山手線の内側にある釣り堀は合計2つです。

山手線で行ける:品川フィッシングガーデン

都心の品川にある釣り堀で、駅からも近くアクセス的にはかなりいい場所にある釣り堀です。

行きやすい場所ではありますが、いくつか注意点がありますので、紹介します。

釣具の持ち込みができない

釣具の持込みができないシステムになっていて、貸し出しによって釣具は対応します。

  • 竿単品:300
  • 餌:200
  • 竿と餌のセット:400

となっていて、セットの方がお得です。

自分の道具を持ち込んで釣りをすることができないので、本格的な釣りを楽しみたい方にとっては満足できる場所ではないかもしれません。

ただ、軽く釣りをしたいという方は利用しやすい場所です。

入場料について

道具購入代以外にも入場料が必要になってきます。

  • 1時間:大人790円、子ども590
  • 2時間:大人1490円、子ども1080
  • 延長:大人790円、子ども590

基本的には1時間~2時間の利用がメインで、それ以降は延長料金での対応です。

営業時間

品川フィッシングガーデンの営業時間は以下の通りです。

  • 平日:11時~21時(20時最終受付)
  • 土日祝:9時~21時(20時最終受付)
  • 冬季平日:11時~20時(19時最終受付)
  • 冬季土日祝:9時~20時(19時最終受付)

となっていて、冬季と冬季以外での営業時間が違います。

また、子ども連れの場合は日没と同時に利用終了となるルールがあるので、その点にご注意ください。

ファミリーフィッシングが中心

品川フィッシングクラブガーデンはファミリーフィッシングとなっていて、家族での利用がメインとなっています。

そのため立って釣りをするのが禁止されていたり、飲酒に関しても原則禁止となっていたり、タバコも禁止です。

各種注意事項があるので、気をつけるようにしましょう!

創業が長い歴史ある釣り堀:市ヶ谷フィッシュセンター

都心に住んでいる人であれば、電車内から見たことが一度はあるのではないでしょうか?

市ヶ谷駅から徒歩すぐの場所にある釣り堀で、創業開始から60年以上経っている歴史ある釣り堀です。

営業時間

営業時間はシーズンごとによって異なり、混雑状況やその他の状況によっても変化します。

公式サイトには「今週の営業時間」と掲載があるので、常にそちらを確認してください。

おおよその営業時間は

  • 12月~2月:平日9時半~18時半、土日祝9時~19
  • 3月~5月:平日9時半~19時、土日祝9時~19時半
  • 6月~9月:9時半~19時半、土日祝9時~20
  • 10月~11月:9時半~19時半、土日祝9時~19時半

とかなり細かく分類されています。

市ヶ谷フィッシュセンターに行く際は営業時間をしっかり確認してから行くようにしましょう。

料金

料金は以下のようになっています。

  • 1時間:大人780円、学生680円、シニア680円、3歳~小学生450
  • 2時間:大人1530円、学生1320円、シニア1320円、3歳~小学生870
  • 3時間:大人2250円、学生1930円、シニア1930円、3歳~小学生1280
  • 1日:大人2910円、学生2500円、シニア2500円、3歳~小学生1660

ミニフィッシングもあり

小さい釣り堀もあり、こちらは30500円の釣り竿レンタル制となってます。

他に掛かる費用は

  • 竿の交換:50
  • エアーパッキング:100

釣れた魚を30分で2匹まで持ち帰ることができるサービスもあるので、軽く楽しみたい方はこちらのミニフィッシングを楽しむのもありです。

より本格的に楽しむなら市ヶ谷フィッシュセンター

品川フィッシングガーデンはファミリーフィッシングなので、基本的には子どもと一緒に楽しむ軽い釣りをする場所です。

都心の釣り堀で言えば、市ヶ谷フィッシュガーデンの方がやや上級者向けと言えます。

  • 子ども連れで楽しみたい:品川フィッシングガーデン
  • どちらかと言えば本格的に楽しみたい:市ヶ谷フィッシュセンター

このように使い分けるのがいいでしょう。

まとめ:都心のど真ん中にある釣り堀!ファミリー向けは品川、それ以外は市ヶ谷

今回は都心のど真ん中にある釣り堀はどのようなところがあるのかをまとめました。

山手線の内側(都心のど真ん中)にある釣り堀は

  • 品川フィッシングガーデン
  • 市ヶ谷フィッシュセンター

があり、それ以外の釣り堀となると山手線の外に出ることになります。

山手線の中にある超都心の釣り堀はこの2つになるので、アクセスの便がいいという方は一度訪れてみるのはいかがでしょうか?

子ども連れの場合は品川フィッシングセンター、中級者・上級者の場合は市ヶ谷フィッシュセンターがおすすめです。

釣りブログカテゴリの最新記事